スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラチナループ



「弱音という名の地雷原を最短距離で走って来い」


弱気になった時にいつも何となく浮かぶフレーズ。
後に続く「自信という名のスーツは大層丈夫な作りだから」で自分に自信もとうと思える。

単純でよかった。



以下ポケモン。ループ関係の話題。
ポケトレ産色違い5体で色違い産むのに必要な裏IDを確定。

んで乱数調整して狙って色違い孵化しました。


思ったより「よっしゃぁぁ!色違いぃーーー!!!!!」みたいな感動はないなコレw
成功した時の達成感はあったけど色違いを産んだ事に対する感動はほとんどなく・・・。
色違いの価値は自然遭遇・孵化した時の喜びのため、そしてその喜びはその希少さによるものであって、狙って作って大量生産してもあまり嬉しくはないですね。

通常色よりも色違いverのがかっこいい(可愛い)ポケモンを狙えるのは嬉しいですけど。


あと今回の過程でゲーム内の擬似乱数の仕組みを少し理解できたのは面白かった。

それと同時に何年後になるか分からんけどポケモンの新作が出た時、現行ソフトと互換性がなくなっても意味ないような気がした。
どう複雑にしても解析する人はいるだろうし・・・。

解析されたところでプレイヤー側でどうする事も出来ない擬似乱数の仕組みって作れるんだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mito

Author:Mito
HN:Mito or 庭球

好き
ポケモン、モンハン、宮藤芳佳、藤岡ハルヒ

嫌い
仕事

欲しいモノ
アルターの1/8スケール宮藤芳佳
誰かください

リンク
ついったー
最新コメント
最新記事
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。