スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゲキッス
ドータクン
ディアルガ
バンギラス


面白いPTに会ったのでメモ
先発ドーブルディアルガ(ヨノワドータ)といったトリパの弱いところは、初手で必ずトリックルームを成功させないといけない点だと思います。襷ドーブルが2回しか攻撃を受けられない以上、1ターンでも様子見をすれば瞬時にドーブルを落とされ次ターンでトリル持ちに挑発を食らう恐れがあるため。なのでそういうPTに出会ったらこっちも初手でトリックルームを選択しておけばまず間違いなく相殺できるんですよね。2ターン目も間違いなくこの指トリルなんですが、そこは冷静にドーブルを落として相方に身代わりでもさせればノーリスクでアドバンテージを取れます。
それで今回対戦したPTなんですが、トゲキッスの耐久から相手は様子見という選択肢ができ、初手トリル返し安定という考えはなくなります。更にドータクンの耐久の強さ(特性が読みにくい)、トゲキッスの天の恵みorはりきりでの攻撃面の強さも相まって、トリル阻止だけを意識して立ち回る訳にもいきません。
更に更に、なんとかトリル状態を最小限に抑えつつドータクンを落としても後続のディアルガがこれまたトリル持ち。
こうなるとこのPT相手にトリルを阻止しながら戦うのは難しくなってきます。GS環境でのトリパ対策は、先発にトリックルーム持ちを入れる事でほぼ完成したと思ってたんですがトリル下でもそこそこ戦えるPT構築が必要かもしれません。
しかしこのPT、トリルを阻止しつつトゲキッスさえ倒してしまえばグラードンの地震+相方の攻撃でトリルする間もなくぶっ潰れそうな感じもします。そうなる場合ドータクンの特性を浮遊にする事で改善されますが、その辺も含めて面白いと思ったので取り上げました。

技とかは一応伏せ。人のPTだし。
良くも悪くも環境を進めるには強いPT、面白いPTの情報公開が必要だと思うんですがね。

あと違う話になるんですがドーブルディアルガに見切り守る覚えさせて、相手にパルキアなりディアルガなりがいたら初手で様子見できるようにするのも面白いと思いました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mito

Author:Mito
HN:Mito or 庭球

好き
ポケモン、モンハン、宮藤芳佳、藤岡ハルヒ

嫌い
仕事

欲しいモノ
アルターの1/8スケール宮藤芳佳
誰かください

リンク
ついったー
最新コメント
最新記事
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。